オカメ465

今日は、みんな大好き(?)

HOEIのケージについて!
個人的な意見として記録。

こちらはステンレスじゃない方、
メッキのHOEIオカメ465のケージです。

ステンレスの方はこちらです。
金額も倍以上の差が!!

ステンレスとメッキ、悩みますよね。

住民は、WFの「ちょろ」性別不明。
飼い主は鳥全般飼育経験初の、主人!

金額の差や、耐久性、色々情報を調べて
最終的にメッキの方の
オカメ465を購入する事に決めた主人。

そして、こだわりがある感じの綺麗好きな
主人が約1ヶ月使用した結論を
ここで記録出来たらなーと思います。

あくまで個人の意見なので
参考程度に見てくれると嬉しいです!

まずは下部のプラスチック部分。

ここは、ステンレスもメッキも
変わらないと思いますが、
オカメがよくいる場所によっては
ウンチが、この段々に溜まって
掃除が不便との事。

確かに、私が使用してるケージは
シンプル設計な違うメーカーのケージなので
こういうちょっとした悩みはなく。

ただ、私の使ってるケージは
目的や用途が本来違うので
参考にならないと思い…(;”∀”)

次は、本題のメッキ部分です。

見えずらいかな…
ちょっと色が変わってる部分があると思います。

こっちの方が見やすいかな。
白い尿部分がついたり、
その他の汚れを掃除してると
メッキ部分が一ヶ月でこうなりました。

オカメインコ飼育経験初の主人曰く、
少しでもお金に余裕ある人は
いくら他の人のブログで
メッキの465を数年使っても大丈夫!
って情報があったとしても、
きちんとステンレスを購入した方がいい。
という答えが出たそうです。

HOEI465のいい所は、
金額が高かったとしても
パーツの部品部品で買い替え出来たり!

ハンドメイドなどの商品も購入しやすい事。
後々も楽って大事だと思うんですよね。

寿命の長い子が長い間住む場所なので
飼い主側も金額ではなく
利便や耐久性などで選びたいですよね。

そんな主人は早速、
ステンレスのケージに移行する模様。
まだ使用するようであれば、
どれくらいのスパンで変化するか
また投稿出来ればと思います。

最近水浴びを覚えた、6月6日生まれ
トリカモ生まれのちょろでした!

それでは!

関連記事

  1. バードテント

  2. ドライフルーツ

  3. バードスーツ

  4. ヒノキのステージ

  5. バードスーツ!

  6. バードテント2

ブログ一覧